ポケットカジノ(旧カジノ王国)のスロット 天使と悪魔 ゲーム紹介&実践レビュー

オーソドックスな3×5リールのスロットかと思いきや、ベットスタイルに特徴があり、BIG WINが期待できる天使と悪魔。

私も実際に万単位の当たりを飛ばしているこのスロットについて、ゲームの内容と実践レビューを画像付きで紹介します!

当サイト限定!いまなら20万銀貨+2万金貨がもらえる

天使と悪魔のゲーム内容

天使と悪魔は通常ステージ、フリーゲーム、ボーナスゲームの3つに展開するスロットですが、ボーナスゲーム中にフリーゲームに突入する形のため、上手くはまると長時間ボーナスゲームが繰り返されるのが魅力です。

通常ゲーム

【BET額:最小100コイン~最大2000コイン】

天使と悪魔は一般的なスロットと違って、ベット方法が3種類から選ぶことができます。

DARK:悪魔系図柄の有効ライン
LIGHT:天使系図柄の有効ライン
BOTH:天使と悪魔両方の図柄の有効ライン

このように、自分がベットしたい陣営の図柄を選択することができるようになっています。

また、両方賭ける場合でも、DARKの方にベットを多くするなど自分で調整できます。

図柄と配当率

図柄は天使系、悪魔系それぞれ4種類ずつに、マルチプライヤー付きのWILD図柄が全5種類、フリーゲーム図柄とボーナス図柄をあわせて11種類があります。

有効ライン

有効ラインは15種類ですが、DARKとLIGHTそれぞれあるので、両方ベットすれば倍の30種類になります。

DARKは左ラインから、LIGHTは右ラインから、それぞれ3つ以上の図柄を揃えると配当金が得られるようになっています。

ボーナスゲーム

ボーナス図柄が3つ揃うとルーレットのボーナスゲームが始まります。

天使モードか悪魔モードがありますが、内容は同じで止まった「数字×ベット額」の配当金が支払われます。

ルーレットにはフリーゲームのマスがあり、そこに止まるとフリーゲームに突入します。

通常ゲームと有効ラインは同じですが、悪魔モードのボーナスゲームの場合は左から2リール目、天使モードのボーナスゲームの場合は右から2リール目に必ずWILD図柄が止まるようになっています。

10回試し打ち!天使と悪魔の実践結果と感想

天使と悪魔の10回試し打ちをしてみました!

今回は悪魔系のDARKに100ベット賭けてスタート

かなり渋い展開で最高でも60コインと惨敗。。

結果は5475金貨スタートの4535金貨でフィニッシュと、-940コインの悲しい結果となってしまいました。

10回転なのでなんとも言えませんが、感覚的には両方ベットしないと旨味がないゲームかなという印象です。

天使と悪魔で「万コイン」のプチWINをゲット!

その後もレベル上げをかねて天使と悪魔を回し続けていたのですが、ある日にDARKベットに100コイン、ライトBETに200コインの計300コインを賭けてスタートしたところ、30回転過ぎた頃にボーナスステージに突入!

2400コインほど獲得したところで天使モードのフリースピンに当たってから爆発しました!

必ずWILD図柄が出るので1回も外れることなく、終わってみれば1万4000コインにあと一歩というところでフィニッシュ!

嬉しい万コインの獲得となりました^^

天使と悪魔で大きな当たりを引くコツは、やはり確率の上がる両方の図柄に思い切って賭けることですね。

ただし、当たらない時はコインを大きく減らすリスクはあるので、回転数を決めて取り組むことをおすすめします!

当サイト限定!いまなら20万銀貨+2万金貨がもらえる